ちょっとした小話

2024.05.22

誰でも綺麗に契約書の製本ができる方法をわかりやすく紹介!

 

契約書を製本する際に、失敗したり綺麗にできなかったりした経験はありませんか?


失敗すると、もう一度やり直しになるため、嫌ですよね。


そこで、この記事では、誰でも綺麗に契約書の製本ができる方法を紹介します!


最後まで読んでいただくことで、誰でも綺麗に製本することができるようになります。


ぜひ、最後までご覧ください。

契約書の製本とは

製本とは、複数枚ある契約書を一つの本としてまとめることです。


製本する理由としては、押印する回数を減らせるからです。


例えば、不動産の契約時には、複数枚の契約書があります。


それを製本していなければ、1枚ずつ押印することになり、とても大変です。


そのため、製本することにより押印の手間を省くことができ、見栄えも良くなります。

綺麗に契約書を製本する方法

ここでは、綺麗に契約書を製本する方法をステップごとに解説します。


今回紹介している製本テープは、ロール状のものをベースに紹介しています。


画像を使って説明しているので、ぜひ参考にしてください!

1.製本に必要なものを準備する

製本するためには、以下のものが必要です。

  • ホチキス
  • 契約書
  • 製本テープ
  • ハサミ

製本テープには、25mm・35mm・50mm・100mmと幅に種類があります。


製本する契約書の厚みに合ったテープの幅を選択しましょう。


基準は以下のとおりです。

  • テープ幅が25mmは、厚さ2mmまで
  • テープ幅が35mmは、厚さ5mmまで
  • テープ幅が50mmは、厚さ20mm
  • テープ幅が100mmは、厚さ70mm

2.契約書をホチキスで留める

契約書をホチキスで留めましょう。


留める際には、契約書の順番を間違えないように気をつけてください。


ホチキスを留めるポイントとしては、紙の端から5mmほど空けて2箇所留めます。


枚数が多くて厚い場合には、3箇所ホチキス留めをすると、バラバラになる心配が少なくなります。

ホチキスの留め位置


3.契約書の厚みを測り製本テープを切る

ホチキス留めをしたら、次は契約書の厚みを測ります。


理由としては、厚い契約書になると製本テープの長さを少し長めに切る必要があるからです。


製本テープが短いと長さが足りないということになりかねません。


そのため、厚みを測り少し長く切っておくことが、綺麗に製本するための秘訣です。


A4契約書に必要なテープの長さ(厚み15mm)

A4サイズの縦の長さは297mmです。


297mmに契約書の厚みの2倍プラスした長さにカットしてください。


例)15mm×2+297mm=327mm


上記のように、A4の契約書で厚さが15mmある場合は、327mmにカットすると綺麗にテープが貼れます。



4.製本テープを貼る

表面に製本テープの3分の1を貼りましょう。


机に契約書を置いて、テープを貼ると綺麗になります。


製本テープを貼る際の注意点として、テープについているはくり紙は、一気にはがさないようにしてください。


全てはがしてしまうと、貼りづらくなり、綺麗にテープを貼れません。


製本テープには中央に切れ目が入っているため、半分だけはがしておくと、失敗せずに貼ることができます。

製本テープの貼る位置


5.製本テープの出ている部分を処理する

表面に貼り付けている3分の1の部分を残して、残りの3分の2は297mmでカットしましょう。


そして、飛び出している部分が書類を包むように貼ります。


製本テープの貼り方

6.裏面にもテープを貼り、完成

残りの3分の2も書類を包むように貼りましょう。


テープを貼る際には、中央から端に向かって貼ると、空気が入らず綺麗になります。


テープを貼ったら、定規などでシワを伸ばして完成です。

製本テープの貼り方


綺麗に契約書を製本するためには

綺麗に契約書を製本するためのポイントを紹介します。


失敗せず製本するために、とても重要なことですので、ぜひ参考にしてください。

製本テープのサイズに注意する

製本テープの長さに注意しましょう。


なぜなら、テープを貼る際に「テープが短かった…」ということはよく起こるからです。


そのため、製本の方法で紹介したように少し長めにテープをカットしておくと安心です。


また、テープの幅も重要です。


契約書の厚さに合わせて、テープ幅を選択してください。


こちらも同様、厚さに対して幅が狭いと、最後の部分でテープが足りないということになります。

完成を想定して契約書を印刷する

製本する印刷物は、完成をイメージして印刷しましょう。


その理由は、余白をつけずに印刷すると、製本テープの場所に文字が被り読めなくなる可能性があるからです。


具体的には、製本テープを貼る部分には余白をつけて印刷する必要があります。


余白をつけずに印刷し、製本が完了した時点でこのことに気づくと、印刷からやり直しになってしまいます。


時間とコストを無駄にしないために、印刷する時点から完成をイメージして作成することが重要です。


ロール状製本テープは折り目をつけると貼りやすい

ロール状の製本テープは、カットすると丸まるため貼りにくくなります。


そのため、3等分に折り目をつけておくと、丸まらずに貼りやすくなります。


綺麗な製本をするためには、製本テープの貼り方が重要です。


折り目をつけることは細かいところですが、貼りやすくなり見栄えが良くなるので、ぜひお試しください!

契約書を製本する理由とは

契約書は、製本をしないといけないという決まりはありません。


では、なぜ、契約書は製本されるのでしょうか。


その理由を解説します。

契約書の改ざん防止

契約書を製本する理由として、改ざん防止があります。


契約書を製本していない場合には、全ての見開きに押印が必要です。


押印がないページは、ページを差し替えたり、抜いたりができるため改ざんされてしまいます。


製本された契約書を改ざんするには、製本テープを剥がさないといけないため、破損につながります。


そのため、改ざん防止策として、製本は効果的なのです。

押印の回数が減るから

先ほども説明しましたが、製本する理由として、押印の回数を減らせます。


製本していない場合と、した場合に分けて解説します。

製本していない場合

ホチキス留めのみの契約書は、全ての見開きに半分ずつになるように押す「契印」が必要です。


そのため、ページ数が多いほど押す回数が増えるため、とても大変です。


製本していない場合の契印位置

製本した場合

製本している場合は、全ての見開きに契印する必要がなくなります。


押印するのは、製本テープの上だけです。


表面と裏面の両方に押印をする場合もありますが、たった2回押すだけで良くなります。


特に、ページ数が多いものは押印の手間がなくなるため、製本した方がいいでしょう。

製本した場合の押印の位置



まとめ

この記事では、契約書の製本の方法と綺麗に製本するためのポイント、製本する理由について紹介しました。


今回紹介した、契約書の製本方法を参考に、製本を行ってみてください!


また、製本する際の注意点として、使用する製本テープは契約書の厚みに合わせて幅や長さを決めてください。


製本テープを貼ってしまったら、綺麗に剥がすことは難しいため、失敗したら印刷からやり直さなければなりません。


事前準備をしっかりして、失敗せず綺麗な製本をしてみてください。


株式会社アイワコピーでは、製本加工を行っています。


観音製本や黒表紙金文字製本などさまざまなタイプに対応しています。


製本に関してお困りの方は、ぜひ一度、株式会社アイワコピーまでご相談ください。


お問い合わせはこちらから

2024.05.17

契印と割印について徹底解説!契約書が製本される理由について紹介

 

「契印と割印の違いは何?」

「契約書を製本する理由は何?」


上記のように、契印と割印の違いについて知らない方も多いのではないでしょうか。


また、製本されている場合とされていない場合で押印の場所や数が異なります。


この記事では、契印と割印の概要や製本している場合としていない場合の押印の場所を紹介します。


最後まで読んでいただくことで、契印と割印の違いを理解でき、契約書は製本した方が良いと気づくことができます。


ぜひ、最後までご覧ください。


契印とは

契印は、契約書が複数ページにわたる場合に、各ページを確実に連結して不正な改ざんや差し替えを防ぐために押される印鑑です。


この印鑑は、契約書のページが正当に連続していることを示す重要な役割を担っています。


具体的には、ホチキス留めされた契約書では全ページの見開き部分に、袋とじ製本された契約書では表面または裏面に契印が押されます。


この印鑑を用いることで、文書の任意の部分が抜き取られたり、書き換えられたりすることを効果的に防ぐことができます。

契印は義務?

契印は、文書の差し替えや改ざんを防ぐために行われますが、法的に義務付けられているわけではありません。


つまり、契印は任意であり、主に企業間での信頼を築くために用いられています。


契約書の形態によって、契印の位置が異なるため、押印位置を確認することが重要です。


また、契約書を製本する方法によっても契印の方法や場所が変わりますので、事前によく理解し適切に行う必要があります。

契印は認印でOK

契印に使用する印鑑の種類には決まりがありません。


そのため、実印や認印どちらも使用可能ということになります。


しかし、契約書の署名や押印に使用した印鑑、実印以外を契印に使用することが一般的です。


契印は何回も押す場合もあり、印鑑の劣化が早まるため、認印の使用をおすすめします。

割印とは

割印は、2枚以上の契約書や公文書に用いられる印鑑の一種です。


これには、複数の契約者が一枚の印鑑を分割して使用することにより、正当性や確実性を保証する役割があります。


具体的には、契約者それぞれが印鑑の一部を持ち文書に押印することで、その契約に対する合意と承認を示します。


この方法は、特に共同事業や重要な取引で採用され、各参加者の責任と権利が等しく保持されることを保証します。


割印により、契約の透明性が高まり、後のトラブルを防ぐ手助けとなります。

割印を押印する場所

割印を押印する場所は、上記の画像の部分になります。


契約書をずらして重ね、半分ずつ印影がつくように押印するのが一般的です。


割印の場合は、契約書の名義欄に押印した同じ印鑑を使用します。

割印を押印する人

割印は、契約当事者全員が行います。


3人による契約の場合、1人が割印を押していないと、契約した時から内容が変更されていないのか確認が取れません。


そのため、割印は契約者全員が行うことで、契約時と変わっていないという確認が取れるのです。

割印を忘れた場合は契約無効になるのか

割印をうっかり押し忘れた場合でも、契約無効にはなりません。


つまり、契約書に割印がなくても、契約は成立します。


しかし、割印がないため、契約したときの内容と変わっていないかの確認が取れません。


そのため、契約後に相手側が契約内容を変更した場合、トラブルになる可能性が出てきます。


このようなトラブルを避けるためには、割印は忘れずに押しておくことをおすすめします。

契印と割印の違い

契印と割印はよく同じと勘違いされていることがあります。


しかし、これらには違う役割があります。


契印は、複数のページの連続性を示すために押されるものです。


これにより、文書の抜き取りや差し替えを防止できます。


一方、割印は2枚以上の契約書の整合性が取れているまたは、関連性があることを示しています。


そのため、文書の改ざんや不正なコピーを防ぐことが可能です。

契印を押す位置

契印を押す位置について紹介します。


製本していない場合と製本している場合では、押す場所が異なります。


ぜひ参考にしてください。

製本していない場合(ホチキス留めのみ)

契約書を製本していない場合(ホチキス留めのみ)は、すべての見開きのページに押さなければなりません。


画像のように契印を押すことで、文書の抜き取りや差し替えを防止できます。





製本した場合

契約書を製本している場合は、画像のように表紙か裏表紙に契印を1ヶ所押すだけです。


製本テープと表紙をまたがるように契印を押します。


製本している場合は、文書の抜き取りや改ざんをするとなると、製本テープをはがす必要があります。


そのため、製本テープのところに契印を押しておけば、改ざんへの対策が可能になります。


また、製本をすると押印の回数を減らせるため、契約時の手間を省くためには製本をした方が良いでしょう。


次では、製本の方法について解説します。

製本方法を紹介

契約時の手間を減らすためには、製本することがおすすめです。


ここでは、製本テープを使用した製本の方法について簡単に紹介します。


  1. 契約書を紙端5mmのところでホチキス留めをする

  2. 製本テープを契約書より少し長めに切る

  3. 製本テープの3分の1を表紙側に貼る

  4. 表紙側に貼っている3分の1以外の部分を契約書のサイズに合わせてカット

  5. あとは契約書を包み込むように製本テープを貼る


テープを貼る際には、中央から紙端に向かうようにすると綺麗に貼ることができます。


誰にでも綺麗にできる製本方法について知りたい方は、以下の記事をご覧ください

誰でも綺麗に契約書の製本ができる方法をわかりやすく紹介!

契約書を製本した方が良い理由

契約書は製本しないといけないという義務はありません。


では、なぜ契約書を製本するようになったのでしょうか。


契約書を製本する理由として、契印や割印と同じく、改ざん防止があります。


理由として、製本されたものを改ざんするとなると製本テープをはがさないといけないため、書類が破損してしまうからです。


また、製本していると1部だけを抜き取ることやコピーすることができません。


そのため、契約書を製本することで、改ざんされる心配がなく安心して契約することができます。


まとめ

この記事では、契印や割印について解説しました。


契印と割印は同じものと勘違いされやすいですが、違った役割を持っています。


また、契約書の形態に応じて押す場所が異なります。


製本されていない場合には、すべての見開きのページに契印する必要があり、手間がかかります。


そのため、複数枚ある契約書の場合は、製本することがおすすめです。


株式会社アイワコピーでは、製本加工を行っています。


具体的には、観音製本や黒表紙金文字製本などさまざまなタイプに対応しています。


黒表紙金文字製本は、契約書や卒論などで多数ご利用いただいています。


製本に関することでお困りの方は、株式会社アイワコピーまでご相談ください。


お問い合わせはこちらから

2023.02.07

ポスターなどのカラーコピー/プリントは高い!?

いつもアイワコピーをご利用いただきありがとうございます。

今日は大きな紙のカラーコピー/プリントについてお話しします。

大きな紙のサイズとは
オフィスにある複合機や家庭用のインクジェットプリンターなどでできる
サイズのA3サイズより大きなサイズのものです。

ポスターなどといった方がわかりやすいかもしれませんね。

何故単価が高いのか!

もちろん付加価値などもありますが・・・

インクジェットの場合インク代がお高いのです・・・

これは家庭用のインクジェットプリンターをご使用の方は
ご経験があるのではないでしょうか。インク代高いな・・・と

そんな中でアイワコピーでは大きなサイズのカラーコピー/プリントには
2種類の機械があります。

インクジェットタイプとトナータイプです。

トナータイプの大型機は東京でも同業者のあいだではアイワコピーしかないとか・・・

2種類の機械があるので用途によって使い分けはしますが、インクジェットは高いな・・・
とお思いの方は是非トナータイプをご利用してみてください。

例えば
インクジェットプリントA1 1枚 の場合
出力手数料 ¥110 A1カラープリント普通紙¥2,090 合計\2,200

トナータイプのプリントA1 1枚 の場合
出力手数料 ¥110 A1カラープリント普通紙¥968 合計\1,078

となります。
トナータイプの場合+ラミネート加工してもおつりがきます。
ちなみにラミネート・パウチ加工はA1 \1,100です。

お店に掲示するポスター等でもちろんこだわりがある場合はインクジョットがいいかもしれませんが
結構な頻度で入れ替えるし・・・という方にはトナータイプが絶対お勧めです!

長々となってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

社員一同心よりお客様のご利用お待ちしております。

2022.10.12

等身大のポスタープリントについて(これから学園祭・文化祭も近いので)

等身大のポスタープリントは皆さんどうしてますでしょうか。
今はアプリで簡単に分割しコンビニでプリントできるしくみもありますが
【貼り合わせの手間がすごく大変】
このようなことはありませんでしょうか。

アイワコピーでは
1枚ものでプリントできます。

カラー、モノクロ両方可能です。

大きさは
紙の幅
84.1cm(全身入れるとだいたいこの幅が丁度いいので)
長さは
指定の長さが可能ですがお勧めは178cmと200cmです。

詳しくはスタッフまでとなりますが
写真や画像と
その人物の大きさ(だいたい176cmくらいで)と言っていただければ
簡単に作成可能です。

等身大ポスターをご希望のお客様は是非アイワコピーへご連絡ください。

よろしくおねがいいたします。

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

フィード

ブログ内検索